Life Info

留学の3種類の滞在先

「海外で暮らす」と一口で言っても、様々な滞在方法があります。工夫の仕方によっては、滞在費をかなり節約できる場合もあります。事前によく調べてから滞在先は決定しましょう。

3種類の滞在先

留学先での滞在方法として、ホームステイ・学生寮・アパートの3種類があります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。よく比較して自分にあった滞在方法を見つけましょう。

ホームステイ

留学先の一般家庭に滞在して、一緒に生活するのがホームステイ。ビジネスとして成り立っており、一定の料金(部屋代と食費)を払い、ホストファミリーが部屋と食事を提供してくれます。ホストファミリーの国籍は様々なため、その国の現地の人とはかぎりません。ホストファミリーによって留学生を受け入れる目的も様々なため、家庭によっては留学生との接し方も違ってくる場合もあります。

メリット

・現地の一般家庭の生活が体験できる
・ホストファミリーから日常生活を覚えることができる
・初めて留学する人や、留学期間が短い人におすすめ
・長期での留学を考えている人も、現地での生活に慣れるまではおすすめ

デメリット

・通学に時間と交通費がかかる場合が多い
・ホームステイ先のルールに慣れることができないと辛い
・禁煙の家庭が増えているため、守れないとホームステイ先から退去をせまられることも

学生寮

学生寮はほとんどの場合大学が直接運営・管理し、原則としてその学校に在学する学生のみが滞在できます。大学付属集中英語コースや私立語学学校で大学のキャンパス内にある場合も、その学生寮を利用できることが多いです。施設は、それぞれの部屋、みんなが集まるラウンジ、トイレやシャワー(フロアごとに共同)、簡単な自炊をするためのキッチン(共同)、洗濯機や乾燥機のあるランドリー(共同)などがあります。

メリット

・通学に時間がかからない
・現地の学生や他国の留学生と友達になりやすい
・長期の滞在を考えている人におすすめ

デメリット

・ルームメイトがいて、騒がしいことが多い
・さまざまな生活習慣を持った学生がいるので、トラブルになることもある
・部屋数や入寮時期が限られているので、空き部屋がないこともある
・トイレやシャワーが共用である場合がある
・共用施設は男女共用の場合が多い

アパート

海外では一人暮らしよりもアパートや一軒家を何人かでシェアする方法が一般的です。自炊をして節約すれば、寮やホームステイよりも安い費用で生活できることもあります。簡単な家具付きの部屋が多いので、引越しが比較的楽にできます。何人かでシェアする場合が多いので、現地で知り合った友達同士で新たに部屋を借りる場合と、すでに何人かが共同で借りている部屋に後から入る場合があります。

メリット

・自分のペースで生活できる
・長期間の留学で、現地の生活に慣れてきた人におすすめ
・節約すればいくらでも安く抑えられる

デメリット

・到着後に自分で部屋を探さなければならない
・すべての家事を自分でこなさなければならないため、学習時間が削られる
・場所によっては通学に時間がかかる。田舎の場合は車が必要となってくることも。

ワンポイントアドレス

留学で気になるのが学校と滞在先。勉強ももちろん大切だけど、安心して生活できる環境もほしい。遊びもたくさんしたいけれどお金も節約したいそんな留学生がよく行う滞在方法における節約術は、「ホームステイからルームシェア」です。最初は、ホームステイで現地の生活様式を知ったり、ホストファミリーから英語を学びます。そして海外での生活に慣れてきて友人ができたら、複数人でルームシェアをします。このように、最初の数ヶ月はホームステイをして、その後はルームシェアで滞在費を抑えるという方法が最も主流です。

留学制度・手続きに関するご相談はLINEから

やっぱり気になる、留学滞在中のお金の知識