元留学生が考案した学生のための自由な留学スタイル
相談無料03-5848-5432
電話をかける 無料相談

海外留学の基礎知識

海外留学の基礎知識

2017年08月07日

留学とクレジットカード

基本は、「現金」+「現地のATMで使えるカードを2~3枚」で持っていくのがおすすめです。 現金とクレジットカード1枚でOKという方もいますが、場所によって、提携ATMがなかったり、使えるはずのカードが使えなかったりと、思わぬ事態に遭遇することもあります。また、多額の現金を持ち歩くのは危険なので、現金は最小限にし、複数の手段を併用して、リスクを分散しながら使うとよいでしょう。

留学にクレジットカードは必須

学生の方が長い休みを利用して留学したり、数ヶ月に渡る短期留学をお考えの方の必須アイテムとしてまず挙げられるのがクレジットカードです。航空券や保険と並んで必要なアイテムだと思ってよいでしょう。
外国人が日本に来るとクレジットカードが使えない店の多さに驚くことからもわかるように、留学先として人気の アメリカやヨーロッパ圏を中心にカード社会である国は多いです。
海外の治安の悪いところで現金を盗まれてしまったらどうしようもないですが、クレジットカードなら盗まれてもすぐ に利用停止をしたりカードに付いている保険機能を使えます。

留学先の国によって使えるクレジットカードは違う

あなたはどこに留学する予定ですか?クレジットカードの国際ブランドは渡航先に合わせて作るのがベターです (国際ブランドとはVISA、MasterCard、JCBといったカードに付いているマークのこと)。
国内大手の JCB は海外で使えないことが多いですので、一番オススメできるのは、国際ブランドがVISAのクレジットカードです。特に欧米圏ではほぼ間違いなく使えます。日本国内でも殆ど使えますし、一枚持っておくとし たらVISAがオススメ。次に使えるのがMasterCardという順番です。2枚持っていくのであれば、VISAと MasterCardのクレジットカードを分散して作っておけば盤石だと言えるでしょう。
その他、特殊な例として中国に留学をする場合には、国際ブランドが銀聯(UNION PAY)のクレジットカードがオススメです。中国以外では使えるところが殆どありませんが中国国内では安定して使えます。

銀行口座から直接引き落とされるデビットカード

高校生などクレジットが作れない場合などには、Visaデビットカードがお勧めです。 VISAデビットカードは、多くの銀行で提供しています。VISAデビットを扱う銀行は増加傾向にありますが、いずれかの銀行で口座を持っているか、開設することになります。それぞれの銀行のサービス内容を比較してから、開設する銀行は選んでください。 使うときは、VISAクレジットカードと同じように使用できますが、実際にはクレジットカードではなくて、それぞれの 銀行で作成した口座から直接引き落としされるため、入金されている金額がそのまま限度額となります。 このため、使い勝手はクレジットカードと同じく現地で買い物をしたり、ATMで現地通貨を引き出すことができてと ても便利ですが、クレジットカードのように使いすぎてしまうという心配がありません。