元留学生が考案した学生のための自由な留学スタイル
相談無料03-5848-5432
電話をかける 無料相談

Shun Oyama

Shun Oyama

s__430563331

Jstyle一期生の小山 隼です!

三年前、高校一年の時にアメリカの大学に行ってみたいと思いました!そしてカズさんのいるカリフォルニアに大学を見に行きました!現地の学校の雰囲気を生で感じ、アメリカの大学に行く事を決意し、その後にアメリカでファッションを学ぶことに決め ました!決意はしたものの高3の夏までサッカー部のキャプテンをしていたりとサッカーづけだったため英語の勉強はまったくたと言っていいほどしていませんでした!

高3の7月からカズさんとの英語の勉強を始め、最初に4000語以上の単語を叩き込み、リーディング、リスニング、スピーキングとライティングを全体的にやりテスト前にはTOEFLの過去問を解き込み、半年後の1月にパスをすることが出来ました!その後は大学の授業に向けたエッセイやスピーチ、プレゼンテーションへの対策をしてアメリカに飛びました!

アメリカにきてから英語への不安はありましたが、すでにJstyleで学んだ事だらけだったのでそこは他の友達より自信を持って望めました!メジャーであるファッションに関してはデザインしたロゴをプリントアウトし、Tシャツ、長袖、フーディーなどを作ったりしています!

人と同じ事が嫌いで、好きな言葉は’常識にとらわれない’。周りの目を気にせずに思い描いている事にトライする事を意識して行動しています!
他の留学エージェントを通した周りの友達よりも学校の仕組みを理解していたりプレゼンなどの課題にも対応出来ています!留学する前に、日本でどこまで準備がしっかりできるかが一番大切なとこだと今思います!
そういった面ではJstyleでは、大学で行う実践的な事を日本にいる間に学べるので非常に大学での勉強に役立っています!

トライしないでの後悔よりトライして本場を感じるほうがいいと思います!
日本では出来ない経験をいまたくさんしていると思うので後悔はまったくありません!

難しい選択ではありますが、挑戦したい気持ちに正直に、留学と言うチャレンジをしてみてください!