元留学生が考案した学生のための自由な留学スタイル
相談無料03-5848-5432
電話をかける 無料相談

Nana Ono

Nana Ono

S__1056841

Jstyle2期生のNanaです。

私は高校1年生の時にアメリカのオハイオ州に1年間留学していました。帰国後、進路を考えた時に1番最初に浮かんできたことがアメリカの大学に進むことでした。しかし、留学となると学費以外にも様々な費用がかかる、自分一人で学校を探せない、といったいろいろな問題が出てきてどうしようかと悩んでいた時に友人にJstyleを紹介してもらいました。

 
私がJstyleを選んで良かったと思う理由の一つは”スタッフが近くにいる”という安心感です。大学のこと、費用のこと、様々な疑問の答えをスタッフからそれぞれの経験を踏まえて直接聞けたことで、自分も両親も納得して進学を決めることができました。また、渡米までのステップを順に説明を受け手伝っていただけたことで、余裕を持って準備することができました。大学の授業選択では、アドバイスを聞いて授業を決め、早めに登録したことでギリギリになって授業が取れないといったようなこともなく、安心して新学期を迎えることができました。

 

そして何より、自分にあった留学スタイルを決められるという点は、Jstyleだからこそ叶うものだと思います。私自身、Community Collegeに入学するにあたって英語力はさほど心配しておらず、語学力のサポートよりも入学までの流れを重視したいと思っていました。TOEFLの結果やスタッフとの面談の中で自分がどういったサポートを受けるべきなのかを自分で選択しながら決めていくことで、高額な留学費用を削減することももちろんですが、出発までに自分がするべきことも明確になったと感じています。
私は今、Business学を専攻し、日本企業の海外進出や発展途上国の経済発展のサポート、そして女性学にも興味を持っています。自分の興味のある様々な分野の授業をとったり、専攻を変えたりすることもアメリカの大学だからこそできることでもあり、やりたいことが一つに定まらない私にとてもあった環境だと思います。

 

海外大学へ進学するということは簡単に決断できることではないと思います。自分一人で何もかも準備することも難しい、だからこそ周りのサポートが重要になってきます。海外留学は楽しいだけではなく辛いこともたくさんあるけれど、それを乗り越えて自分の学びたいことに全力で取り組めるような環境をJstyleにサポートしていただきました。これから留学を考えている方、それを夢で終わらせないで是非一歩踏み出してみてください。思い描いていた以上に、たくさんのことを学べるはずです。