元留学生が考案した学生のための自由な留学スタイル
相談無料03-5848-5432
電話をかける 無料相談

海外留学 よくある質問

海外留学 よくある質問

ビザは必要?

ほとんどの国の場合は必要ないですが、アメリカにおいては、たとえ1週間だけでもビザが必要になります。


どこで学ぶ?

私立の語学学校で学ぶのが一般的です。ビルに入っている校舎のほか、大学のキャンパスで行われるコースもあります。


4年制大学と2年制大学の違いって?

4年制大学(University)

アメリカやカナダでは日本と同様に4年間で大学の学位を取得できます。最初の2年間で一般教養を学び、後半の2年間で専門課程を学びます。イギリスやオーストラリアなどでは多くの学部が3年間で学位を取得できますが、日本の高校卒業が最終学歴の場合は、通常1年間のファウンデーションコースの履修を事前に必要とします。

2年制大学(College)

アメリカやカナダでは2年間の学部課程を修了すると準学士号 が取得できます。職業に直結したスキルを学ぶ職業コースと4 年制大学への編入を目指す編入コースがあります。職業コー スは、仕事に直結するスキルを習得でき、編入コースはより高 いレベルの大学を目指せるのがポイントです。授業料を抑えた い人にもおすすめです。


英語力が足りない場合は?

英語力が足りなくても、現地で英語力を伸ばしながら大学入学を目指す道があります。英語力が入学条件に達していない場合でも出願を行い、「条件付き入学」で合格内定を取ることができます。条件付き入学には、合格内定を得た大学の付属集中英語コースで勉強するタイプと、大学提携の語学学校で学ぶタイプがあります。


入学に必要な学力は?

高校の成績(編入の場合は大学も)を提出。難関・人気大学になるほどよい成績が求められるため、英語だけでなく、ほかの科目でもよい成績を修めておく必要があります。アメリカの場合、成績が4年制大学への入学基準に満たしていない場合でも、2年制大学から編入し、最後には4年制大学を卒業する方法もああります。


入学に必要な英語力は?

大学のレポートを書いたり、リサーチができるだけの英語力が必要です。出願時には英語力を測る英語テストのスコア(アメリカやカナダの場合はTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの場合はIELTS)が必要になるので事前に受験しておきましょう。


入学に必要な学歴は?

高校卒業以上です。
日本のような入試はないですが、高校での成績が重視されます。また、入学申請時には、TOEFLなどのテストスコアやエッセイの提出が必要です。イギリスの大学は 基本的に3年制で、入学後すぐに専門的な勉強が始まるので、日本の高校卒業後、留学する場合、ファウンデーションコースと呼ばれる進学準備コースに入る必要があります。


費用面は大丈夫?

ある程度の費用は必要になってきます。
しかし、短期留学で本格的な英語力を身に付けるためには、短期留学を何回も繰り返したり、帰国後もモチベーション高く勉強し続けないとどんどん 忘れていき、せっかくの費用が無駄になってしまうおそれもあります。


語学力向上以外の魅力は?

長期留学には、英語力の向上だけでなく、日本では得られなかった体験をしたり、グローバルな視点を身に付けたりしやすいというメリットがあります。
「本当に使える英語を身に付けたい」「海外の大学に行きたい」「海外で働きたい」という希望を持っている人は、長期留学が一番の近道です。


滞在先の種類は?

ホームステイ、または学校の寮滞在が一般的です。
現地の生活を楽しむなら、会話力を磨くこともできるホームステイがおすすめ。


ビザは必要?

ほとんどの国の場合は必要ないですが、アメリカにおいては、たとえ1週間だけでもビザが必要になります。


どこで学ぶ?

私立の語学学校で学ぶのが一般的です。ビルに入っている校舎のほか、大学のキャンパスで行われるコースもあります。


4年制大学と2年制大学の違いって?

4年制大学(University)

アメリカやカナダでは日本と同様に4年間で大学の学位を取得できます。最初の2年間で一般教養を学び、後半の2年間で専門課程を学びます。イギリスやオーストラリアなどでは多くの学部が3年間で学位を取得できますが、日本の高校卒業が最終学歴の場合は、通常1年間のファウンデーションコースの履修を事前に必要とします。

2年制大学(College)

アメリカやカナダでは2年間の学部課程を修了すると準学士号 が取得できます。職業に直結したスキルを学ぶ職業コースと4 年制大学への編入を目指す編入コースがあります。職業コー スは、仕事に直結するスキルを習得でき、編入コースはより高 いレベルの大学を目指せるのがポイントです。授業料を抑えた い人にもおすすめです。


英語力が足りない場合は?

英語力が足りなくても、現地で英語力を伸ばしながら大学入学を目指す道があります。英語力が入学条件に達していない場合でも出願を行い、「条件付き入学」で合格内定を取ることができます。条件付き入学には、合格内定を得た大学の付属集中英語コースで勉強するタイプと、大学提携の語学学校で学ぶタイプがあります。


入学に必要な学力は?

高校の成績(編入の場合は大学も)を提出。難関・人気大学になるほどよい成績が求められるため、英語だけでなく、ほかの科目でもよい成績を修めておく必要があります。アメリカの場合、成績が4年制大学への入学基準に満たしていない場合でも、2年制大学から編入し、最後には4年制大学を卒業する方法もああります。


入学に必要な英語力は?

大学のレポートを書いたり、リサーチができるだけの英語力が必要です。出願時には英語力を測る英語テストのスコア(アメリカやカナダの場合はTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの場合はIELTS)が必要になるので事前に受験しておきましょう。


入学に必要な学歴は?

高校卒業以上です。
日本のような入試はないですが、高校での成績が重視されます。また、入学申請時には、TOEFLなどのテストスコアやエッセイの提出が必要です。イギリスの大学は 基本的に3年制で、入学後すぐに専門的な勉強が始まるので、日本の高校卒業後、留学する場合、ファウンデーションコースと呼ばれる進学準備コースに入る必要があります。


費用面は大丈夫?

ある程度の費用は必要になってきます。
しかし、短期留学で本格的な英語力を身に付けるためには、短期留学を何回も繰り返したり、帰国後もモチベーション高く勉強し続けないとどんどん 忘れていき、せっかくの費用が無駄になってしまうおそれもあります。


語学力向上以外の魅力は?

長期留学には、英語力の向上だけでなく、日本では得られなかった体験をしたり、グローバルな視点を身に付けたりしやすいというメリットがあります。
「本当に使える英語を身に付けたい」「海外の大学に行きたい」「海外で働きたい」という希望を持っている人は、長期留学が一番の近道です。


滞在先の種類は?

ホームステイ、または学校の寮滞在が一般的です。
現地の生活を楽しむなら、会話力を磨くこともできるホームステイがおすすめ。