NY

基本情報

世界のニューヨーク

アメリカ合衆国の太西洋岸中部にある州。東南端に、アメリカ合衆国の人口最大都市であるニューヨーク市があります。世界の経済、文化の中心としてみられており、国際都市として世界中にたくさんの影響をもたらいしています。

国内最大人口のニューヨークシティ

ニューヨーク州の人口はおよそ849万人。 比率はヨーロッパ45%、中南米27%、アフリカン系25%、アジア系10%となっています。また、約10万人の日本人が永住保持者又は長期滞在者として住んでいます。

歴史

世界の情報発信元!

リンカーン大統領の奴隷解放宣言以降、商業はますます発展し、それに伴ってイギリスをはじめとしたヨーロッパ各地からの移住者が増加。 そのころには、金融の街としても成長し、急速な発展を遂げていき、第二次世界大戦後には世界の経済、メディア、金融の中心として、また文化面でも正解の発信基地として発展していきました。

ニューヨーク州はこんな街!

ギャップの激しい街

アメリカの最大都市であるニューヨークシティがあるところですが、南はマンハッタン、北はナイアガラの滝があるところまで、自然豊かな田舎も体験できるニューヨーク州。

国際金融の都市

製造業よりもサービス業が中心。特に国際金融都市として常に上位に入る金融業に影響は大きく、レストラン、ホテルなどの業界の景気に大きな影響を及ぼしています。

多民族の街

移住民者のニューヨーク上陸数は、多いときで1日に2000人を超えるといいます。それだけの新しいものや変化を受け入れ、対応する大きな歴史的土壌があるといえます。

豆知識

  • 治安

    スリの多い観光地

    観光客が数注するエリアでは、スリ等の犯罪が多いです。ほとんどの観光地は問題ないといわれるほど、以前より治安が良くなってきているが、犯罪件数は高い地域もあるため、人通りの少ない夜や路地は避けましょう。

  • 天気

    暑い日でも上着を!

    春秋は1年の中でも過ごしやすく温暖な気候ですが、朝夕と日中の気温差があるので羽織るものが必要です。夏は、30度を超える真夏日が続きますが、室内(電車やレストラン内)では冷房がかなり効いているので、羽織るものがあると○。冬は気温が-25度のところもあります。

  • 言語

    主要言語は英語、スペイン語

    主要言語は英語。アメリカ英語の中でも、「ニューヨーク・ダイアレクト」や「ニューヨーキーズ」と呼ばれる話し方の特徴もあります。

  • 観光

    観光名所がたくさん!

    タイムズスクエア、セントラルパーク、トップオブ・ザ・ロック展望台、マンハッタンスカイライン、ブロードウェイ、ナイアガラの滝、風の洞窟(ナイアガラ フォールズ)、自由の女神、セントパトリック大聖堂、などなど。

  • 時差

    日本マイナス14時間!

    日本-14時間(夏時間-13)。 日本の正午は、ニューヨークの前日の午後10時です。 夏時間の場合は、日本の正午はニューヨークの午後11時です。 ※毎年4月の第1週の日曜から10月最終日曜までの期間は、夏時間(サマータイム)を採用しています。

  • 電圧/電流

    差込プラグは日本と同様

    差し込みプラグは日本と同じA型です。アメリカの電圧は、110‐120ボルト/60ヘルツです。

  • 通貨

    USドル

    アメリカの公式通貨はUSドルです。紙幣は1、5、10、20、50、100ドルです。硬貨は1ドル、1、5、10、25、50セントです。

  • 物価

    アメリカの中では高い

    都市の方に行くほど物価は高くなります。サンディエゴはカリフォルニア州の三大都市(ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ)の中で最も物価が安いです。車社会なため、ガソリンはほかの地域より高め。

  • 税金

    消費税と使用税

    ニューヨーク州の消費税は8.875%です。$110以下の衣類はどれだけ購入しても無税。たばこ税が1箱あたり$10~14。 法人所得税率は7.1%、州の平均売上税率は8.48%です。

  • チップ

    チップはマナー!

    レストラン、タクシー、ヘア・ネイルサロン、エステ、ホテル、バー、洗車場等の人に何かをしてもらう場所では必ずチップが必要になってきます。サービスにより相場は様々ですが基本的には代金の15%を支払えば問題ありません。